学生でも審査に通るカードローンがあるって本当?

カードローンを利用するためには、返済能力や社会的信用度を確認する「審査」に通る必要があります。

 

審査の内容は各カードローン会社によって異なり、内容も公開されてはいません。概ね大手有名消費者金融の場合は、「安定した収入があること」と「融資可能対象年令であること」が最低ラインになっており、あとは年収や職業の形態、持ち家等の資産、過去に融資経験がある場合には返済の状況などを点数化して、合格基準に達しているかどうかが判断されます。

 

さて「社会的信用」ということになると、立場的に弱いのが「学生」です。世間一般には「自立していない」「学業優先」といったイメージがあるために、なかなか銀行や大手の消費者金融は貸してくれないイメージがありますね。

 

そのため、生活や学費、サークルやゼミでのつきあいなどでお金に困った時、親や友人に借りる人が多いのではないでしょうか。ですが、親はともかく同じ学生という立場であることの多い友人にお金を借りるということは、トラブルの末、友情にヒビが入ってしまう可能性もあります。

 

また、旅行や飲み会の代金ともなると親に借りにくいということもあるでしょう。そして、身内や知人に借りられないからと、「無審査」「学生ok」などと掲げている違法な利息で融資を行う「ヤミ金」からお金を借りてしまうことは、もっとも避けたいケースといえます。

 

学生でも借りれるカードローン

 

ではどうしたらいいのでしょうか。アルバイトや勤労学生などで、月々一定の収入を得ていて、20才以上であるなら、金利が適正で返済のしやすい大手のカードローン会社に審査を申し込んでみましょう。銀行でも条件によっては、アルバイトでも申し込めるカードローンはあります。

 

アルバイトでかつ学生ということになると、審査に通ったとしても融資限度額は低めに設定されることも多いようですが、それでも普段の生活費の足しにするということなら十分な額が借りられるようになるはずです。

 

審査に際して心配なことがあるようなら、申し込み前に、お客様ダイヤルで相談しておくのも手です。カードローンを使ったことが、親元へ通知されるようなこともありません。

 

20才未満の学生の場合

 

20才未満の学生の場合は、学生専用のローンで18才以上からokな業者を利用するほか、学生向けのクレジットカードを作るという手もあります。

 

が、クレジットカードの申し込みは親権者の同意が必要なので、両親が認めてくれそうもないという時には、カードローン、学生ローンを当たってみましょう。