急いて?いる時こそ有効活用!サイトの自動審査て?目安を知る

申し込んだらすぐに審査結果が出るとは限らない

 

カードローン会社によって審査基準は異なります。銀行カードローン同士、大手消費者金融同士であっても、Aの審査には落ちたけれどBでは受かったというように、申し込んでみないことにはわからないとしか言いようがありません。

 

時間に余裕があれば、立て続けに申し込んだことで信用度が下がってしまう「申し込みブラック」を避けつつ、いくつかのカードローンにチャレンジしてみることも可能でしょう。

 

ですが、カードローンに申し込もうと考える時というのは、まず大半の方が急いでいます。即日審査okとなっているカードローン会社であっても、申し込み後5分で審査結果が出るということはまずありませんし、そもそも即日審査が可能なタイミングは無人契約機利用であっても限られているのです。

 

以上のことから、無駄足を踏まないために「もし自分に審査が受かる見込みがないなら、先に教えてほしい」と考える方は多いのではないでしょうか。その場合に助けになるツールが、カードローン会社のサイトにはちゃんと用意されています。

 

カードローン会社のサイトにある自動審査を活用する

 

そのツールとは「自動審査」です。自動審査とは、「◯秒診断」などと表されていることもありますが、必ずカードローン会社のサイトのトップにあります。

 

自動審査では、最低限の個人情報を入力するだけで、融資が可能かどうかと、可能な融資限度額が表示されるとても便利なシミュレーターです。

 

自動審査でokでも本審査で落ちることもある

 

ただし自動審査というのは、あくまでも第1関門です。自動審査で落ちて、本審査で受かることはありませんので、落ちた場合にはすぐに別のカードローン会社の自動審査を試してみればいいのですが、自動審査で受かったのに本審査で落ちるということはありえます。

 

自動審査では年齢や自己申告の年収をもとに審査を行うだけなので、信用情報や申告の真偽まではわかりませんから、当然といえば当然。できるだけ早めに申し込む心がけはやはり必要です。

 

シミュレートで出てくる融資限度額は参考程度にとどめる

 

審査結果と同様、表示される融資限度額についても、その額がそのまま本審査通過後にも提示されるとは限らないので注意しましょう。限度額が変われば、適用される利率も変更になる可能性が高いです。

 

一般的には、一部の高所得、安定職についている方以外は、初回の融資限度額は低めになることが多いということも頭に入れておいて下さい。