カードローンを申し込みする前に用意しておくべき書類2つ

昨今、カードローンの審査申し込みは、インターネットで行うのが主流になっています。

 

そのおかげで時間に縛られることなく、自宅のパソコンやスマートフォンから落ち着いて申し込みをすることができ、スピーディーに融資が受けられます。

 

ですが、インターネット申し込みであっても、「必要事項を入力して、送信するだけで終わり」とはいきません。カードローンの申し込みには、書類提出が最低でも1つ、場合によっては2つ必要なのです。

 

カードローン申込みには書類が必要

 

まず、どんな場合でも必要になるのは「本人確認書類」です。本人確認書類としては、写真付きの「運転免許証」が代表的ですが、免許を持っていない人の場合はパスポートや健康保険証を使います。

 

ただし本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う場合には、税金や保険料、公共料金の領収書や確定申告書の写しを一緒に提出するように求められます。いざという時のために、引っ越した際の住所変更はあわてないですむよう都度行っておきたいものです。

 

本人確認書類のみでokのケースは、契約する金額が50万円以下の場合とされていることがほとんどです。もし50万円をこえる金額で契約、融資を受けたい場合には、「収入が証明できる書類」も必要になります。

 

本人確認書類と違って、こちらは手元にいつもあるとは限らないので要注意。具体的には、給与明細書、源泉徴収票、所得証明書、課税証明書、税金の決定通知書などが収入証明として使えます。

 

すでに他のカードローン会社から借り入れがある場合にも、今回の契約金額との総額によっては、収入証明が必要になることが多いです。また、以前提出したことがあるカードローン会社でも、一定の年数がたっていると収入証明の再提出を求められます。

 

なぜ確認の書類が必要なのか?

 

カードローン会社にとって本人確認や、返済能力を判断するための収入の確認、信用の調査は、融資する上で必須のことです。

 

審査がしっかりしているからこそ、利用しやすい利息で、融資限度額内なら何度でも繰り返し借りられるという便利なカードローンのサービスを提供できているのですから、申し込む側としてもそれに従うのは当然です。

 

時々、「書類を用意するのが面倒だから」と「本人確認書類不要」などと書いてある金融業者を利用してしまう人もいますが、本人確認をしない業者は100%まともな業者ではありません。

 

異常に高い利子や法律違反な取り立てに泣くはめにならないよう、きちんと本人確認と審査を行うカードローン会社を選ぶようにしましょう。