自分に向いているのはどれ?カードローンの申し込み方法を整理しよう

カードローン選びが済んだらいよいよ申し込み

 

カードローンに限らず、何かに申し込む時には誰でも緊張するものです。特にカードローンの場合は、申し込んでも審査に落ちてしまうことも考えられますから、余計にドキドキするのではないでしょうか。

 

ですが、落ち着いて申し込むことはとても大事。少なくとも申し込み不備で落ちてしまうような事態は避けましょう。また、カードローンの申し込み方法は1つではありません。自分にあった申し込み方法を選ぶことができるのです。

 

やっぱり手書きが安心という方は「申込書」で

 

最近は紙の書類を撤廃した企業なども多くでてきていますが、特に店舗のある銀行のように窓口がある金融機関でのカードローンの申し込みは、書類への手書き記入でできる場合がほとんどです。

 

家に持ち帰って記入をし、郵送してもいいですし、その場で記入して窓口に提出するという選択もあります。

 

一方、店舗のないネットバンクのカードローンなどは、書類では申し込めないことが多いです。が、中には書類を自宅へ送ってくれるカードローンもあるようですので、HPを確認してみましょう。

 

消費者金融の有人店舗でも手書きで申し込めるはずですが、敷居が高いという方は、自動契約機を利用したほうが、審査も早く、その場で契約ができるので便利かもしれません。

 

時間や場所を選ばない「ネット申し込み」を活用する

 

現在のカードローン申し込み方法の主流はネット申し込みです。カードローンのサイトから24時間申し込めるようになっていますので、なかなか昼間窓口があいている時間には申し込みにいけない、誰にも知られないようにしたい、という方でも、都合の良い時間に自宅のPCから行えます。

 

注目はモバイル対応をしているカードローンもあることです。特にスマートフォンだとPC同様のやりやすさで申し込みができるカードローンも多いようですので、PCがない場合、出先から空いた時間を利用して申し込んでおきたい場合などに活用してみてください。

 

提出する本人確認書類等も、携帯やスマホで画像を撮って、アップロードすることで対応できるようになっていますから、別にコピーを送付する手間もかかりません。

 

申し込みは丁寧に、嘘のない記述を

 

申し込み方法が決まったら、漏れのないよう丁寧に、そして正直に記入、入力をしましょう。自分がどれだけ信用できる人間かということを審査されるカードローンの申し込みにおいて、嘘の申告は致命的。審査に受かるものも受からなくなってしまいます。