借りたい額と借りられる額は違う?カードローン申し込み前に知っておきたい「融資限度額」について

「〇〇◯万円まで融資可能」が自分に適用されるとは限らない

 

カードローンを作る時に気になることの筆頭が「いくら借りられるか」ということではないでしょうか。切羽詰まる前に申し込んでおいたほうが安心のカードローンとはいえ、実際には「明日までに〇〇万円必要!」というような状況になってから申し込むことが多いからです。

 

必要な額が借りられないカードローンでは用途に間に合わせることができないので、借りる意味がなくなってしまいます。

 

ですから、カードローン会社を選ぶ際にはほとんどの方が、サイトのトップにのっている「融資限度額」、つまりいくらまで借りられるかという金額を真っ先にチェックすることでしょう。けれどもそこに落とし穴があります。

 

最高融資限度額は全ての人に適用される金額ではないからです。

 

融資限度額は返済能力の審査によって決まる

 

自分が審査に通った際に、どれくらいの融資限度額が提示されるかどうかは、結果が出てみないとわかりません。最近ではサイトに自動審査が用意されていいて、ある程度の目安融資額が出てくる場合もあります。

 

けれども自動審査の結果に安心して申し込んでみたところ、本審査後の提示金額が低くなっていてがっかり、ということもありえます。

 

融資限度額は収入の安定性などから、自動審査よりも詳細な審査の上で決定された返済能力によって決まるのです。

 

返済実績のない人、パートやアルバイトの人は概して限度額が低めになる

 

カードローンの限度額は、余裕があるにこしたことはありません。なぜなら、繰り返し借りることができるカードローンの場合、総額に対して利率が変動するのではなく、融資限度額に対して利率が設定されるからです。

 

限度額に余裕があれば、複数のカードローン会社から借りなければならなくなるようなことも起きないでしょう。

 

ですが、初めてカードローンを申し込む返済実績のない人や、雇用の安定性にかけるパートやアルバイトの人の場合は、どうしても限度額は低めになってしまいます。

 

実績次第で将来的には増額されることもある

 

とはいえ、融資限度額は永久に固定されているものでもありません。初回は30万円分しかなかったとしても、コンスタントに利用をし、毎回きちんと返済を行っていれば増額も期待できます。融資限度額は自分に適した額と捉えて、焦らず時を待ちましょう。

 

ちなみに融資限度額の増額は、カードローン会社から通知がくる場合と、自分で問い合わせなければならない場合の2通りがあるので、確認しておくことをおすすめします。