申し込むとかえってマイナス?カードローンを申し込まないほうがいいケースとは

備えておく価値ありのカードローンですが……

 

カードローンを作るタイミングを、「お金が必要になってから」と考えている方が多いのは残念なことです。確かに急にお金が必要になった時に、即日審査も可能でネットからも申し込むことができるカードローンは非常に役に立ちますが、必ずしも審査に通るとは限りませんし、時間帯によっては当日に審査結果が出ないこともあります。

 

このように「万事休す」の状態になってしまう前に、あらかじめカードローンへ申し込み、ローンカードを1枚財布にいれておくだけで、安心して生活を送ることができます。が、全ての人に「すぐカードローンを申し込んだいいですよ」とはいえないのも正直なところ。

 

ここでは、「カードローンを申し込まないほうがいいケース」についてみていきましょう。

 

返済管理に自信がないならやめておく

 

カードローンは、1度審査に通ってカードを手に入れてしまえば、融資限度額内なら何度でもお金を借りることができます。ただし、借りる際に振込の他、コンビニや金融機関のATMが使えるなど非常に便利なため、つい「借りている」という意識が薄れがちというリスクがあります。

 

ですから、しっかり「借りている」という意識をもって返済できる自信がある方ならいいですが、「ショッピングでクレジットカードを使いすぎてしまうことがある」「パチンコや競馬に有り金をつぎこんでしまう」というようなタイプの方は、やめておいたほうが無難です。

 

今よりも審査に通りやすくなってから申し込む手もある

 

また、「学生で月に数日しかアルバイトをしていない」など、審査に通るかどうかが怪しいラインにある方も、無理に申し込む必要はないといえます。そのような経済状態では、万が一審査に通ったとしても、スムーズに返済をしていくことは難しいでしょう。

 

カードローンに申し込むチャンスはこれからいくらでもあります。コンスタントにアルバイトで稼げるようになってから、学校を卒業して就職してから、など焦らずに申し込むべきタイミングを待ちましょう。

 

融資は「自己管理ができる人のみが受けられる」と考える

 

カードローンの審査は、そう簡単なものではありませんが、審査だけではわからないこともあります。特にはじめての申し込みの場合には、その人がお金に対して誠実かどうかまではカードローン会社にはわかりません。

 

審査に通ったものの自己管理ができずに、返済に遅れたり、あちこちのカードローン会社に多重債務を抱えてしまったりすることになっては申し込む意味がないといえます。時には自分の性格を見極めて、時には我慢することも大事です。