知っておくと便利!カードローンの申込み方

申し込み入力、記入が終わったら見直しをする

 

カードローンの申し込みを初めて行う方は、記入項目をみると「えっ、こんなにあるの」と驚くのではないかと思います。さらに利用規約に同意して申し込むことが大前提になっているので、こちらも面倒でもしっかり読んでおかなければなりません。

 

申し込み内容に不備があると、再申し込みになって時間が余計にかかってしまう事態もありえます。入力や記入が済んだら、1度見直すことを忘れずに。そして、以下の点についても確認しておきましょう。

 

電話番号の欄には連絡先として「固定電話」も入力してあるか

 

最近は携帯電話の番号を入力するだけでも申し込むことができるカードローンも多いです。

 

そのため、「電話番号をいくつも入力するのは面倒」「固定電話にかかってくると家族が出てしまう可能性があるから困る」などといった理由で、固定電話を持っているにも関わらず、連絡先の携帯電話の番号だけを入力して申し込んでしまう人もいるようですが、固定電話を持っているということは審査の上でプラスになります。

 

持っているなら必ず固定電話の電話番号も入力しましょう。

 

「自宅に電話がかかってくるのでは」という心配に関しては、携帯電話の番号を連絡先として指定しておけば、延滞したあげく携帯電話でつかまらない、もしくはこちらも料金の滞納で止められている、ということでもない限り、かかってくることはないと思って大丈夫です。

 

住環境による違い

 

固定電話と携帯電話では、固定電話のほうが信用度は高い、ということがわかりましたが、実は同じようなことが住環境でもいえます。

 

マイホームに住んでいる人と賃貸物件に住んでいる人とでは、最終的な融資限度枠の大きさに違いが出てくることが考えられます。

 

マイホームがあるということは住宅ローンを組めるだけの収入と信用があるという証明になるので、マイホームの住所が入力されているほうが有利になるのです。

 

申し込みは自分自身の信用を表していると考えよう

 

電話番号と住環境の他にも、審査に影響する項目はたくさんあります。電話番号のように選択できるものはできるだけ有利な枠が得られるように入力し、あとは正しく、嘘のない申告をしましょう。

 

申し込みの内容は、今のあなたの信用を表すものです。手書きなら丁寧に読みやすい字で、インターネットなら省略や空白のないように、真摯な気持ちをもって行うことが、より良い結果へとつながっていきます。