知っておくと便利!カードローンの申込み方

カードローンを利用するためには、返済能力や社会的信用度を確認する「審査」に通る必要があります。審査の内容は各カードローン会社によって異なり、内容も公開されてはいません。概ね大手有名消費者金融の場合は、「安定した収入があること」と「融資可能対象年令であること」が最低ラインになっており、あとは年収や職業の形態、持ち家等の資産、過去に融資経験がある場合には返済の状況などを点数化して、合格基準に達している...

お金というのはとかく急に必要になるものです。あらかじめわかっていれば、事前に給与から取り分けておくなど対処することもできますが、突然「今日中に◯◯万円用意する必要がある」という事態では、誰かに借りるしかありません。そのためカードローン会社のホームページなどをみると「即日融資ok」という文字が大々的に掲げられているのです。困った時に助けになる存在であることをアピールしているわけですね。即日融資ができ...

申し込んだらすぐに審査結果が出るとは限らないカードローン会社によって審査基準は異なります。銀行カードローン同士、大手消費者金融同士であっても、Aの審査には落ちたけれどBでは受かったというように、申し込んでみないことにはわからないとしか言いようがありません。時間に余裕があれば、立て続けに申し込んだことで信用度が下がってしまう「申し込みブラック」を避けつつ、いくつかのカードローンにチャレンジしてみるこ...

昨今、カードローンの審査申し込みは、インターネットで行うのが主流になっています。そのおかげで時間に縛られることなく、自宅のパソコンやスマートフォンから落ち着いて申し込みをすることができ、スピーディーに融資が受けられます。ですが、インターネット申し込みであっても、「必要事項を入力して、送信するだけで終わり」とはいきません。カードローンの申し込みには、書類提出が最低でも1つ、場合によっては2つ必要なの...

結論からいうと「本当」です。ただし、カードローン会社によっては「支払わなくてok」と明記されていますのでご安心を。大抵のカードローン会社のサイトの「よくある質問」や「Q&A」のページに「契約印紙代」について支払わなければならないかどうかが書いてあるので、気になる方は先に確認しておくといいでしょう。支払う必要がないケースでも、印紙代が発生していないわけではなく、カードローン会社がサービスとして負担し...

「〇〇◯万円まで融資可能」が自分に適用されるとは限らないカードローンを作る時に気になることの筆頭が「いくら借りられるか」ということではないでしょうか。切羽詰まる前に申し込んでおいたほうが安心のカードローンとはいえ、実際には「明日までに〇〇万円必要!」というような状況になってから申し込むことが多いからです。必要な額が借りられないカードローンでは用途に間に合わせることができないので、借りる意味がなくな...

誰でも審査に通るわけではないものの……例えば住宅ローンや自動車ローン、事業者ローンのような目的別ローンは、利率が優遇されている代わりに用途が限定されており、審査にも時間がかかります。対してカードローンは、使用用途が自由ではあるものの、利息は高めと捉えられています。確かに目的別ローンに比べると数字的には高めですが、貸金業法改正によるグレーゾーン金利の事実上撤廃以降、年利20%をこえる利息をカードロー...

備えておく価値ありのカードローンですが……カードローンを作るタイミングを、「お金が必要になってから」と考えている方が多いのは残念なことです。確かに急にお金が必要になった時に、即日審査も可能でネットからも申し込むことができるカードローンは非常に役に立ちますが、必ずしも審査に通るとは限りませんし、時間帯によっては当日に審査結果が出ないこともあります。このように「万事休す」の状態になってしまう前に、あら...

カードローン選びが済んだらいよいよ申し込みカードローンに限らず、何かに申し込む時には誰でも緊張するものです。特にカードローンの場合は、申し込んでも審査に落ちてしまうことも考えられますから、余計にドキドキするのではないでしょうか。ですが、落ち着いて申し込むことはとても大事。少なくとも申し込み不備で落ちてしまうような事態は避けましょう。また、カードローンの申し込み方法は1つではありません。自分にあった...

今や誰もが使っているインターネットでカードローンも申し込めるカードローンの申し込みというと、消費者金融なら無人契約機、銀行なら窓口、さらに急ぎの時には電話というイメージをお持ちの方もいるかもしれません。けれども現在もっともポピュラーな申し込み方法はインターネットです。ほとんどのカードローンがサイトに「申し込みページ」を設けているので、そこから審査に申し込めます。もちろん返済の方法や利息についての取...

数あるカードローンの中からどれを選ぶかという問題いざカードローンを申し込もうとネットで検索してみると、1ページ目だけでもたくさんのカードローン会社がでてきます。その結果、一体どれを選んだらいいのかわからなくなってしまう方も多いことでしょう。生活スタイルがそれぞれ違うように、適したカードローンも利用者によって違ってくるともいえますが、お金を借りるという目的上、条件の中でも重要視されることが多いのは、...

申し込み入力、記入が終わったら見直しをするカードローンの申し込みを初めて行う方は、記入項目をみると「えっ、こんなにあるの」と驚くのではないかと思います。さらに利用規約に同意して申し込むことが大前提になっているので、こちらも面倒でもしっかり読んでおかなければなりません。申し込み内容に不備があると、再申し込みになって時間が余計にかかってしまう事態もありえます。入力や記入が済んだら、1度見直すことを忘れ...

ネット申し込みはやっぱり便利ここ10年あまりで、急速に普及、しかも便利になったといえるインターネット。カードローンの申し込みもネット利用が圧倒的に多くなっています。ネット申し込みには、「自宅から好きな時間にできる」「郵送に比べて時間がかからない」などたくさんのメリットがあります。とはいえ、一部のカードローンをのぞいて、今でも紙の書類での申し込みは受け付けている会社がほとんどです。ですが、手書きでの...