カードローンは担保無しで借りられる?担保有りローンとの違いは?

融資を受けるには基本的に「担保」が必要

 

「担保」とは、簡単にいえば万が一借りたお金を返せなかった時に債権者に渡される「債務と同等価値があると思われる財産」のことです。

 

質屋で「質に入れる」という言葉を使いますが、この場合「質に入れる」品物が担保ということになります。住宅ローンや自動車ローンでは、それぞれ「住宅(や敷地)」と「自動車」が購入対象であると同時に担保でもあります。

 

もちろん住宅を担保にいれて、資金を借りるというケースもあります。

 

貸す側として考えれば、何の担保も無しに大金を貸すということは非常に怖いことだという想像は誰でもつくのではないかと思います。では、カードローンも同じように担保が必要になるのでしょうか。

 

担保無しで借りられる新しい融資方法「カードローン」

 

実はカードローンは「無担保ローン」、つまり担保を必要としないローンです。担保が無い分、保証会社による「審査」があり、その結果得られた信用を担保として融資する仕組みになっています。

 

「カードローンが人気を得ている背景には、このように「担保にすることができるような資産を持っていなくてもお金を借りられる」という手軽さがあります。が、「担保有りのカードローン」を提供している銀行等もありますので、利用前に一応確認はしておくようにしましょう。

 

担保無しのデメリット

 

担保有りの目的別ローンなどと比べてみるとわかりますが、信用のみを担保とする担保無しローンは、担保有りの場合よりも融資限度額はぐっと低くなり、逆に金利は高めです。

 

信用はあくまでも現時点での調査に基づくものですから、無担保でのローン提供はカードローン会社にとってもリスクの高いものであるため、妥当と考えられます。

 

担保有りと担保無しのローンを使いわける

 

担保有りのローンは、先に述べたように利息が低く、大きな金額を借りやすいというメリットがありますが、用途が限られていたり、借りるまでに手続きに時間がかかったりというデメリットもあります。

 

その点カードローンの、即日の融資でも可能で、特別に何か財産がなくても契約ができる、というのは担保無しローンならではのメリット。担保有りローンと担保無しローンの特徴をよく検討し、今自分にあっているローンはどちらなのかということを考えることが大事。

 

一般的には、できるだけ早く融資が必要で、数万円〜数十万円程度の少額の借り入れを希望しているのであれば、無担保のカードローンがベストの選択といえるでしょう。