急いでいる時ほど大事!カードローンを実際に使えるようになるまでの手順を確認しよう

申し込みから実際の融資まで、カードローン利用の流れを整理

 

カードローンはその名前の通り、「カード」を使っていつでも融資限度額内なら何度でもお金を借りることができる、手軽なローンです。

 

借りやすいだけでなく、返済方法についてもATMや口座引き落としなど、自分にあった返済方法を選ぶことができ、返済管理を自分専用のページで行えたり、返済日前になるとメールでお知らせが届いたりと、ある意味いたれりつくせりのサービスが用意されています。

 

ですが申し込みについては、インターネットのおかげで簡単になったとはいえ、実際に借りるまでのステップはそれなりに数があります。簡単に確認しておきましょう。

 

ネット、郵送などで審査に申し込むところからスタート

 

最近はネット申し込みが主流となっていますが、急ぎの時には電話+ネット、ネット+電話+FAX、ネット+自動契約機などカードローン会社によって方法が指定されていますので、確認してその通りに行いましょう。

 

申し込みに際してわからないことがあるなら、時間内であればお客様ダイヤルに電話してきいてしまうのが1番です。また、申し込みには不備があると審査以前の問題で、余計に時間がかかってしまうことがあるので注意してください。

 

カードローンごとに審査基準は違う

 

申し込みが完了するとカードローン会社は審査を開始します。審査にかかる時間の長さは、概して「銀行>消費者金融」、審査の厳しさも「銀行>消費者金融」となっています。

 

ですが、最近では即日融資ができたり、自動契約機に近いシステムを用意していたりする銀行カードローンもあるので、一概には判断できない部分はあります。

 

自分の収入や利用額、現在持っている銀行口座等から、どのカードローンに申し込むかを総合的に判断することをおすすめします。

 

審査に受かったらその後は?

 

審査結果はメールや電話で通知されます。

 

自動契約機ならその場でカードが発行されますが、他の方法ではカードは郵送となるため、手元に届くまでには日数がかかります。カードと一緒に書類も届くので、確認して署名、捺印をして返送します。

 

急ぎの場合ほど手順の事前確認が必要

 

カードが届くまで待てないという場合には、平日の金融機関営業時間内なら電話で振込融資を受け付けているカードローンもあります。

 

焦っていない時にはある程度どんな方法をとってもスムーズに行くのがカードローンの申し込みですが、急ぎの場合は別。カードローンごとのやり方をしっかり確認して挑みましょう。