どんなに困っていても誘惑には乗らないのが鉄則!違法業者「ヤミ金」の怖さ

お金は信用できる金融業者から借りるべき

 

もともとカードローンにしても、消費者金融にしても、そんなにイメージのいいものでありません。

 

それは、カードローンで破綻した人の事例がメディアでとりあげられたり、映画やテレビドラマの中で、金融業者による厳しい取り立てが描写されたりすることからの受ける印象のせい、という考え方もあるでしょう。

 

けれども実際問題、かつては貸金業の認定を受けている消費者金融であっても、グレーゾーン金利という「法律には違反しているものの刑罰のない」ギリギリの高金利で融資を行っており、法律違反な取り立て方法を行ったことによって、金融庁から注意を受けたり、業務停止命令が出たりした事例もありました。

 

ですが最近では、法律を順守した金利での融資、銀行との合併など、消費者金融はイメージアップに努めていて、顧客の信用度も回復しています。

 

最終的には利用の仕方が大事とはいえ、法律を守って融資を行う業者であれば信用はできると考えられ、融資を申し込むならそういった業者を選ぶべきです。

 

ヤミ金業者を使ってはいけない理由

 

対して法律を守らず、貸金業として登録のない、「信用できない業者」がいわゆる「ヤミ金」です。

 

そもそも法律外の存在なので、利息は非常に高く設定されていることがほとんど。取り立てのルールも無用です。

 

 

 

ヤミ金は「使ったら最後」と考える

 

「自分だけはヤミ金には手を出さないから大丈夫」と思っている方も多いかもしれませんが、ヤミ金の利用者は、ヤミ金の恐ろしさについてわかっているのに、必要に迫られるとつい手を出してしまう、という人が大半です。

 

お金が必要なのに手元にない、という時のプレッシャーはその場にならないとわからないくらい強いもの。けれども今はヤミ金を利用せずとも、即日で融資をしてくれる大手登録業者はたくさんあります。

 

審査に通らないからといってヤミ金を利用する人もいますが、そもそも審査に通らないということは返済能力がないということですから、ヤミ金から借りたところで返済ができるはずもなく、しかも法外な取り立てを受けることになるのは明白。

 

ヤミ金の利用はどんな理由があっても回避すべきです。

 

債務整理後は要注意

 

普段はネット広告などを通じて、自分からアクセスしなければ関わらないで済むヤミ金業者ですが、自己破産等をして官報に記載されると、その情報をもとに「債務整理後でも借りられる」などという内容のDMを送ってくることがあります。

 

甘言には乗らず、無視するようにしましょう。