カードローンの分類は大きく3つ!特徴を知って自分に合ったカードローンへ申し込もう

カードローンの特徴をつかむ

 

カードローンと一口にいっても、「どこが発行しているローンカードなのか」ということで、特徴が違ってくることをご存知でしょうか。

 

現在カードローンは「銀行系」「消費者金融系」「信販系」の3種類に分類できます。どのカードローンにもメリットとデメリットがあり、さらに審査の通りやすさも違います。

 

銀行のカードローン

 

都市銀行や地方銀行が提供しているカードローンです。銀行カードローン最大のメリットは、金利が低めなことです。金利と融資限度額は連動するので、当然融資限度額も銀行では概ね500万円以上と高めになっています。

 

ただしその分審査は厳し目で、銀行によってはアルバイトやパートでは審査に通らないこともあるようです。また、過去の信用事故についても厳しくチェックされます。

 

また、審査にかかる時間が長めということもデメリットとしていわれてきましたが、最近ではメガバンクを中心に、最短即日の融資が可能な銀行カードローンも登場しています。

 

消費者金融のカードローン

 

カードローンの中でもっともポピュラーなのは消費者金融でしょう。広告やCMを目にする機会も多いので、知名度は抜群。

 

銀行よりは金利は高め、融資限度額は低めになりますが、その分審査に柔軟性があり、しかもスピーディー。即日融資は大手有名消費者金融ならもはや常識です。

 

その場でカードを受け取ることができる自動契約機や、各社それぞれに無利息期間などのキャンペーンを随時開催している点も魅力です。

 

信販会社のカードローン

 

銀行や消費者金融に比べて、信販会社がカードローンを提供している印象はあまりないかもしれません。クレジットカードサービスが信販会社の主要な業務ではありますが、カードローンも独立して用意している会社が多いです。

 

実際はクレジットカードの審査に通るなら、そのキャッシング枠を使えばいいということになってしまうので、影が薄い存在であることは否めません。ただ、消費者金融よりは金利が低めで、銀行よりは審査が緩め、という特徴があるため、その意味では利用価値はるといえるでしょう。

 

何を重視して選ぶか

 

一般的に考えると、審査に通るなら金利の低い銀行カードローンが1番よさそうですが、審査結果によっては消費者金融とあまりかわらない利率になることもあり、それならキャンペーンで無利息期間があるほうがいいかも……と、カードローン選びにはいろいろな考え方があります。

 

自分が何を重視したいのかということをはっきりさせ、最適なカードローンを選びましょう。