わかりやすいカードローン申込みの全て

お金は信用できる金融業者から借りるべきもともとカードローンにしても、消費者金融にしても、そんなにイメージのいいものでありません。それは、カードローンで破綻した人の事例がメディアでとりあげられたり、映画やテレビドラマの中で、金融業者による厳しい取り立てが描写されたりすることからの受ける印象のせい、という考え方もあるでしょう。けれども実際問題、かつては貸金業の認定を受けている消費者金融であっても、グレ...

カードローンの特徴をつかむカードローンと一口にいっても、「どこが発行しているローンカードなのか」ということで、特徴が違ってくることをご存知でしょうか。現在カードローンは「銀行系」「消費者金融系」「信販系」の3種類に分類できます。どのカードローンにもメリットとデメリットがあり、さらに審査の通りやすさも違います。銀行のカードローン都市銀行や地方銀行が提供しているカードローンです。銀行カードローン最大の...

申し込みから実際の融資まで、カードローン利用の流れを整理カードローンはその名前の通り、「カード」を使っていつでも融資限度額内なら何度でもお金を借りることができる、手軽なローンです。借りやすいだけでなく、返済方法についてもATMや口座引き落としなど、自分にあった返済方法を選ぶことができ、返済管理を自分専用のページで行えたり、返済日前になるとメールでお知らせが届いたりと、ある意味いたれりつくせりのサー...

融資を受けるには基本的に「担保」が必要「担保」とは、簡単にいえば万が一借りたお金を返せなかった時に債権者に渡される「債務と同等価値があると思われる財産」のことです。質屋で「質に入れる」という言葉を使いますが、この場合「質に入れる」品物が担保ということになります。住宅ローンや自動車ローンでは、それぞれ「住宅(や敷地)」と「自動車」が購入対象であると同時に担保でもあります。もちろん住宅を担保にいれて、...

使うべき時のためのカードローンカードローンは「作ることができる時に作っておく」のセオリーです。その理由は、カードローンは誰でもいつでも作れるわけではなく、審査に通る必要があるので、現在安定した収入が得られているなら今のうちに申し込んでおいたほうが確実だからです。例えば今後退職や転職をするようなことがあると、勤続が途切れることで審査に受からないとも限りません。さらにカードローンは、住宅ローンや自動車...

カードローンを作るにあたって「カードローンを作ろう」と考える時というのは、お金が急に必要になった時がほとんどです。もちろん、いざという時のために作っておこうという人もいるとは思いますが、いくらネット申し込みで簡単にできるようになったとはいえ、身分証明書をアップロードしたり、場合によっては収入の証明ができるものを用意したりとある程度手間がかかることは確かなので、なかなか必要に迫られないと動くことがで...